水道トラブルのタイプと工事

水道トラブルのタイプと工事 家庭において自力で解決することが難しい問題として、水道のトラブルがあります。これは自分で修理や交換が簡単にできることではなく、修理箇所も台所やトイレをはじめ、屋内から屋外まで広範囲にわたるので、原因究明も難しいものとなっています。特に水道管内部に原因が潜んでいる場合などは、素人が手を下すことがさらに難しくなります。水道に関する専門知識が必要になりますし、修理や部品の交換などは安易にできるものではありません。そこで専門業者に工事を依頼することになりますが、まずは水道トラブルとその工事についてきちんと把握しておく必要があります。

■トイレや台所のトラブル

まず水にまつわるトラブルが発生しやすい箇所としてトイレが挙げられます。トイレはタンクや接続部分からの水漏れをはじめ、水が流れなくなる、便器とタンクの間から水漏れが起こる、給水管や止水栓からの水漏れが発生するなどトラブルがとても多い箇所です。
次にトラブルの発生しやすいのが台所です。台所では蛇口付近からの水漏れが多くなります。蛇口やハンドル部分からじわじわと漏れるのは、多くが部品やパッキンの劣化によるものです。また、シンクの排水口にも多くのトラブルが潜んでいます。手入れを怠るとその箇所が常にジメジメして、様々な虫の発生場所になったり悪臭を放ったりするようになり、もっと悪くなるとパイプが破損する恐れもあります。

■浴室や洗面所のトラブル
浴室では排水口が詰まってしまうことが多くなります。これはほとんどの場合、髪の毛が溜まって詰まってしまうことが原因として考えられます。このようなトラブルを防ぐためには普段からこまめに髪の毛を取り除いたり、排水口用のネットなどを利用してゴミの侵入を防ぐことが重要になります。
洗面所とそこにある洗濯機も多くのトラブルを引き起こします。洗濯機の排水ホースが劣化すると水漏れの発生することが多くなりますが、それは洗濯機まわりがあまり掃除されていないことが原因として挙げられます。洗濯機の下などは掃除機が入りづらく、つい掃除を疎かにしがちです。そのためゴミが溜まり、突然トラブルを引き起こしてしまうことにつながります。

■屋外のトラブル

屋外にも水漏れを起こす場所が存在します。それは庭の水まきのための水道栓です。外にある水道栓は常に風雨にさらされていることもあり、劣化しやすくなっています。また、排水管の詰まりも放っておくと大問題になります。そして排水管だけではなく、排水溝も流れてきた泥などで詰まってしまうことがあります。これらは普段目につかないために気づきにくく、大雨や台風で排水溝から水が溢れ出てきて初めて気が付くようなことが少なくありません。それでは遅いので、普段から注意しておく必要があります。

■まとめ
以上のように家庭には様々な水のトラブルが存在します。水が人間にとって必要不可欠である以上、その水をきちんと管理することがそれぞれの家庭に求められることです。水をきちんと管理するためには常に水回りに気を配ることが大切です。屋内においてはそれぞれの水道栓の水がきちんと流れているか、あるいは水道栓の劣化はどの程度なのかを把握し、水回りが汚れていないように日頃の掃除をまめに行います。屋外も水道栓の水漏れチェック、排水溝の点検を常にするようにしましょう。このような不断の努力を行っていれば大事に至ることはありませんし、軽度の水漏れなら自分で修理することも可能です。
そして、自分の手には負えないと思ったら、すぐに水道工事会社へ依頼をしましょう。水のトラブルは気づいたときにすぐ対処をすることがとても重要です。自分で直そうとして、かえって悪化させてしまうこともあるので、手に負えないと思ったら早急に工事会社へ連絡をする方が賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース